Jeroboam Tasting report 〈staff〉

神戸元町のワインショップ“Jeroboam”のワイン・テイスティング・レポート。店長および当店スタッフによるレポートです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# フォラドーリ グラナート 2008
東アルプス山脈に位置するドロミテの固有種テロルデゴを徹底的に研究、その可能性の高さを世に知らしめたエリザベッタ・フォラドーリ女史が手掛けた傑作。初めて試したのは1993年物だったか・・先に飲んだ“スガルツォン”があまりにタニックで筋肉質のワインで素っ気ない印象だったこともあって、“グラナート”には濃厚な甘みを感じてすごく美味しく感じたのを憶えています。
11歳で父親を亡くし、ワイナリー存続という宿命を負ったエリザベッタさんが蔵を継承したのは20歳の頃。父親が残した素晴らしいテロルデゴ種のワインを飲み、それをさらに研究を重ね高めていこうと決意。バリック(小樽)の導入など当時のモダンなテクニックを使ったワインで年々高い評価を得るようになりました。その後も、彼女の研究を怠らない姿勢は変わらず、2002年からビオディナミ農法を取り入れるようになっています。現在のグラナートは上面開放型の大きな木製のタンクで発酵を行っていますが、他のワインにはアンフォラを導入したものもあります。
グラナート(ざくろ)という名がつけられたように、赤く美しく熟した果実の香り。梅やドライチェリー、ブラックベリー、スミレの砂糖漬・・朽ちかけの樹木の香りも。最良の葡萄だけが用いられているキュヴェだけに、うっとりするほどにピュアで甘い果実味、そして口中をキュッと締める酸。ほどよいタンニン。今すでに美味しいけれど、この美しいバランスはまだ何年でも保たれそうな感じ。そういえば、この品種をお客様に紹介する時、「香り高い葡萄ですが、タンニンが強めで少しスパイシーな印象、余韻に土っぽさを感じる・・」とか言っていました。フォラドーリのワインを飲む度に、もっと洗練された印象だと感じたのに、認識がアップデートされていなかったようです。そう、“洗練”という言葉がぴったりなワイン。造りはよりナチュラルな方向に、エリザベッタさんが目指す高み、“洗練”をこれからも見届けていきたいと思います。

(機会があれば飲んでみてほしいワイン 投稿:安藤博文)

ワイナリー公式サイトhttp://www.elisabettaforadori.com/
ちなみにワイナリーの場所はこちらから
| comments(0) | - | 23:29 | category: イタリアの赤 |