Jeroboam Tasting report 〈staff〉

神戸元町のワインショップ“Jeroboam”のワイン・テイスティング・レポート。店長および当店スタッフによるレポートです。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Frants Saumon / Rouge 2012 | main | フォラドーリ グラナート 2008 >>
# シャトー・ジャン・フォー ブラン 2011
有名な樽会社ソーリーの元経営者、パスカル・コロット氏がボルドー、サント・ラドゥゴンドで運営している小規模シャトー。ビオロジック栽培によるソーヴィニヨン・ブラン種85%、セミヨン種15%を使用して少量生産。"良い樽の香り"とでもいうのか、高級感のある香りはこのシャトーが2002年以降手がけてきた赤ワインと同様の印象。ただ、ボルドーのハイレンジの白ワインの中でこのワインが少し違う感じがするのは、乳酸発酵が進み過ぎないよう仕上げられているのか、樽熟による円やかさや芳しさはあってもレモンのような爽やかな香りときれいに伸びてくる酸が残っていて、重ぐるしくならないように出来ています。同じソーヴィニヨン・ブラン種を用いるロワールのサンセールの良い部分をボルドーのスタイルに取り入れた感じ?古い歴史をもつ産地の新しい生産者が、うまく今の時代に合ったワインを作り出しました。
適度な重さをもった辛口のワインです。抜栓してしばらくは味わいの硬さが目立ちますが、数時間後バランスがとれて、とても美味しくなりました。その後3、4日良い状態が続いています。

(機会があれば飲んでみてほしいワイン 投稿:安藤博文)
ジェロボアムへの入荷は12本。価格は税込4300円です。 (シャトー公式サイト)



 
| comments(0) | - | 22:29 | category: フランスの白ワイン |
コメント
コメントする